スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

office25.「愛せない」と「別れ」と「オトコだけの飲み会」

▽Category : Office.
3部作

•「愛せない」
•「遠距離恋愛の終焉」
•「オトコだけの飲み会」



「愛せない」 クリリン編


「社会保険労務士(以下=社労士)の資格取得を目指しています」
という クリリンを連れて 今日 某県社会保険労務士会を訪れた

某会の事務局長さんと社労士の先生に クリリンを紹介して 
今年度の事業のプレゼンと 協力依頼を行った 

商談は 計画通りまとまった

今週 アニマ(アニマル改め)は元気いっぱいながら
クリリンの元気がない 

「どうしたんだ? 体調でも悪いのか?」
「いいえ 体調は大丈夫です ただ・・・」


『仕事のためになる話が2割 くだらない話が8割ですよね オレさんの話って』
と アニマから評価されたオレ

今週から 仕事モードで新人(第10期生) の教育をしている

昨日 第1期生にあたる マナミ先輩に事務所へ立ち寄っていただき
「本当にフレッシュな面々になったわね がんばってね オレさん」
という 励ましの言葉をいただいた

「今年の 新人さんは どう?」
「ええ 優秀なスタッフが入ってきてますよ ただ 今 新人の壁にぶつかってるみたいだけど」

といった話をして 次回の研修の際に マナミ先輩に 新人研修の講師を引き受けていただいた


アニマは O型特有の大雑把さが功を奏して ガンガン攻めの営業を展開
クリリンは 事業パンフレットやチラシ 参考文献をしっかり読み込み 実力を溜め込んでいる状態

そろそろ 溜め込んだエネルギーを放出する時期にさしかかっている

「クリリン そろそろ 企業訪問したときの 営業トークの練習をするか?」
「え~ まだ無理です」

「無理も何も 頭の中に 情報が入りすぎて そろそろ吐き出さないとパンクするぞ?」
「でも~ まだ 無理です」

内気なわけでも 消極的なわけでもない
専門的な知識も 新人3人の中では ずば抜けて吸収力は高い

ただ A型特有の気質なのか
完璧になってから トークの練習をしたいと 望んでいるようだ

「まあ それは サテオキ とにかく やってみろ」
「え~」

といいつつ やってみた

話していることはまともなのだが まるで 心がこもっていない
ただ 目の前の文章を読み上げているだけ といった感じ

「なあ クリリン 難しいことを覚えるのも大事なんだけど 
これが大事なんだよ という情熱が伝わるほうが もっと大事なんだぞ」

「・・・わかってるんですけど アタシ・・・
この事業のことが いまいちうまく伝えられないんです」

「そりゃあさ 入って2週間だからしょうがないけど
おいしいケーキと まずいケーキを紹介するのと一緒だよ
自分が おいしいと思わないと 薦められないだろ?

「そうですね はっきりいって アタシ この仕事 おいしいと 思えません」
「・・・」


「愛していないのか?」


「愛せません」


ayashibito014.gif 一大事である


HELP

仕事の内容は教えられても 
仕事をどうやったら好きになるかの 教え方を 教えていただきたい!

どうやら オレがピンチを迎えているようだ




遠距離恋愛の終焉 ハルカ編

「オレさん・・・」
「ん? どうした」

時計の針が 5時をまわった頃に ハルカがオレに話しかけてきた

「アタシ 別れました」
「え?  東京にいる彼氏か?」
「はい」
「なんでまた・・・ 4~5年つきあってたんだろ?」
「ええ ハルカ 冷めてるだろと彼氏に言われて うん 友達に戻ったほうがいいみたい と いいました」
「・・・そっか お疲れ様」
「はい お疲れ様でした」

えらいこっちゃである

ここの職場は『別れのoffice』と密かにオレは呼んでいる

去年は離婚2件 恋愛の終わり2件 今年も4月以降 離婚予定1件 恋愛の終わり1件 
どうやら 仕事が楽しすぎるのか はたまた 面白すぎるオトコが多いのか
理由はわからないけど とにかく しょっちゅう 『終わりネタ』が勃発

「じゃあ 早速 彼氏募集を公言するか? 本気出せば すぐできるだろう」
「お願いします 募集開始してください」

変な会話ではある オレが人材バンクというわけではないけど
なぜか 紹介希望の女子の相談をよく受ける

本当は 他人の相談より オレが彼女の紹介をして欲しいぐらいなのだが それはサテオキ


「わかった 今夜緊急ミーティングを開いておくわ」
「はい」



ayashibito006.gif で オトコ6人の飲み会 緊急開催




つづく


関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

うひゃぁ(汗

『別れのoffice』恐るべし。
でもまぁ、それなりの年齢層と人口によっては
そういう人生の節目も珍しくはないのかも。
オープンにするかどうかは、ヒトにもよるし、職場の雰囲気にもよるだろうけど。
恋愛談義に花が咲くofficeってのが、そもそもアタシには不思議な世界。w

仕事を好きになる方法かぁ。。。
仕事そのものを「おもしろい」と思えるかどうか?なのかなぁ。
アタシの場合、どの仕事もおもしろいと思えるモノだったけど
それは、誰かに教わったというよりも、自分の気持ちの持って行き方だったように思う。
「お仕事だから」と割り切るのも悪くないとは思うけれど
それだけじゃ、つまんないしね☆
かといって、仕事を愛してたかは、謎だけど(笑


終わってからわかること

失業者優先 困窮者優先の緊急雇用政策の受け皿の団体でもあるので
まあ いろんな人がいるよ

恋愛談議が咲くのは オレが種をまいているからなんだけど
食いつく人と 食いつかない人 そりゃ それもいろいろ

仕事も恋愛も どうせやるなら 好きになれ
なれないのなら やめちまえ 

実にシンプル

終わってしまえば どちらも どうでもいいものに見えるわ

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

オトコが考える恋愛観

ネット恋愛とリアルの同一性

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。