スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オンナの報復

▽Category : 恋愛理論

オトコの報復というと、せいぜいストーカーするとか(それでも大変だけど 笑)
意地悪するとか、その程度のもので シンプルなものなんだけど

オンナの報復というのは、
オトコの生命線にかかる部分にダメージを与えようとする。

おもに
「暴露」という形で、社会から抹殺される形に運ぼうとし
「おもいしれ」と言わんばかりに
オトコが一番ダメージを受けると思われる、キュウショを一撃し 返り血を浴びさせる。

いったん、オンナがそんな感情に支配されると その行動をみっともないという判断ができずに
もうこれが、引っ込みきかず暴走する (中略)

オンナというのは 一番、何をしたら困るか 傷つくか というのを
付き合っている時に、本能的にキャッチしてる(中略)

いっぽう、オトコの報復によって オンナが社会で抹殺された話は一度も聞いたことがない。
まだオトコの報復には「優しさ」が残っていると思われる。

オンナの復讐」by:椛様より 引用





椛さんが考える オンナの報復

「素晴らしい」仕上がりだ


ayashibito014.gif 唸ってしまった(実際には吠えていませんが)




サテ 結論から言うと
  • オンナに報復したことはない
  • オンナに報復されたことに 気づいたことがない

  • オトコに報復したことはない
  • オトコに報復されたことがある

椛さんのご指摘どおり
オトコ報復は シンプルで わかりやすい

だから 記憶に残る

オンナの報復は きっとされたことはあるはずなんだけど
気づいたことがない 気づかなかったフリをしたのかもしれない



この文章を読む限り 理解できる・腑に落ちる
ということは 記憶の表面では刻まれていなくても
記憶の裏面には刻まれているのだろう

そうでなければ 腑に落ちないのだ


オレのイメージでは 
  • オトコの場合は 仇討ち
  • オンナの場合は 敵討ち

つまり 
  • オトコの場合は 誰かのために戦い
  • オンナの場合は 自分のために戦う

…まて

そうすると オレは 誰かのために戦ったことがないのか
という 疑問にぶつかる

そんな 横道にそれそうな話はサテオキ


オンナに 過去のことを突かれて 痛い目にあった
というのは 報復の一種ではあるが 致命傷ではないということになる

ダメージは もちろんある

同時に 「そういう女なのだ」という認識とともに 「オンナはそういう生き物なのだ」
という 理解につながる

前提として オンナは 報復することに自分を賭ける (これが暴走かシラフかはサテオキ)

確かに 心当たりはある

言葉で直接責められた記憶は 数限りないほどあるが
社会的に抹殺されたことを思い出そうとしている

オレの場合
  • 社会的抹殺=仕事で干される


そういえば 15年ほど前に 家庭教師をしていたときのこと

「オレさんが 高校3年生の娘と その母親を同時に口説いている」
と 会社から事情聴取を受けたことがある

情報源は この母子の前任の家庭教師(女)

事実だけを書けば

  • この家庭教師とオレの間に面識はない
  • この高校生を口説いた記憶はまったくない
  • この母親とは進路の話しかしたことがない


つまり 自分の中ではシロ
だが シロをグレーといわれると 説明ができないのだ

もちろん きっぱりと
「事実ではない」
と告げた

この3人の女性を個人的に誘ったことも そんな気分になったこともないのだ
まったく 心当たりがなく 
当時 いろいろな生徒(23人ほどを同時に受け持っていた)を受け持っていて
21人がオトコ 2人が女子だった 

基本 オトコの中学生を受け持つのが本業で ピンチヒッターに2名の女子を持っていた

そういう噂を流される心当たりがまったくないのだ
当時の彼女にその話をした

「高校生の誘いを 断って それを女の先生に相談されたんじゃないの?」
といわれた

確かに そのルート以外に 考えられないのだが
誘われた記憶も 断った記憶もないのだ

ただ 彼女の事を聞かれて バカ正直に答えたのが 高校生にはショックだったのだろうか
と ふと 思ったりもしたが
そんな話を彼女にはしなかった

ただ この件があって その家族からは 交代してもらって
全員の合格発表を確認した後 新規は全部断って 翌4月に九州から四国に帰ったきっかけとなった


仕事に干されたわけではないにしろ 気分のいいものじゃなかった
というか こんな話 すっかり忘れていた


ただいえるのは 

報復と 別れと 地震は 突然やってくるという事実 (地震の例えは 不謹慎ですいません)


オトコに非があるかないかはサテオキ
報復からは逃れないのも また 事実


そういう意味では 小さな報復など ダメージにカウントすることの無意味さを思い知る


これからの人生 報復されない恋愛をしなければ
と 恋愛にも人生にも 勝っていないのに 兜の緒を締めたくなるオレ は小市民といえる


ayashibito017.gif 
関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

わ!

引用ありがとぉ~!(笑)

オンナの報復は、記事に書けないくらい
もっとヘビーなもの、たくさんあり。

オンナは、絶対にやばいって。

オトコが社会性の動物だということを
よ~くわかっているから
そこを一撃 ドドン★

今後の人生も気をつけて(ぷ)。

転落と復活と転落

オンナがやばいのは知っているけど
「絶対にやばいって」
と 言い切るあたり

流石 プロですな(なんの

なんというか 
そんな ヘビーな話など 全力で目を背けたいと思う

でも 社会的には すでに何度も 突き落とされているので
というか 勝手に落ちてるだけなんだけど
今後も 落とされ這い上がり また落ちて の人生だと思う

ぷ ですな

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

オレがスポーティに見えるか

office21.写真写り

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。