スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴールデンウィークと故郷

▽Category : エッセイ
ゴールデンウィーク

世間では トラベル日和なのだろうか 
かつてのオレは トラブル日和だった

今は平和なものである

平和は 戦争と戦争の間にある 束の間の休息である

と いにしえの偉人が云ったかどうかはサテオキ

オレにとっては 

恋愛と恋愛の間にある 束の間の時間である
ひとことでいえば 平和は退屈だ 



ゴールデンウィークの前半は ほぼ仕事脳
ゴールデンウィークの後半は 里帰り


PCは持って帰ってはいるものの なにせ 携帯ですら圏外 
無線が飛ぶはずもなく 村で唯一のネットカフェに 来てみた


OPENが10:00ということで  途中 車にガソリンを入れた
セルフスタンドではなく 昔ながらの給油
「灰皿 ゴミはないですか?」
と声をかけていただき 窓を拭いてもらった

なんだか 懐かしいサービスだ
学生時代に ガソリンスタンドでアルバイトをしていたときの事を思い出した

最近 昔のことをよく思い出す
走馬灯というやつなのだろうか 死期が近いわけではない と思うのだが

その後 30分ほど 車で市内をブラブラ走った

去年 JRの終着駅のこの街にも 高速道路の延長部分がようやく竣工されて供用開始
今年 「えひめ南予 いやし博2012」というイベントが行われている
http://www.iyashihaku.jp/

前作に書いた
初めての彼女の実家が この高速道路の上り口の麓にある
行ってみた
  • 空家だった


次に付き合った彼女の家の近くにいってみた
  • 埋立地になっていた

3番目の彼女の実家は 今も そこに住んでいる
  • スルーした(笑)

卒業後に付き合った彼女の家の前を通ってみた
同窓会であった時に 住所は変わっていないと聞いていた
  • 建て換わっていて 表札が変わっていた


20年以上も前の記憶が オレの中でのふるさとの記憶
昔のイメージは ことごとく塗り替えられている

小学校から自宅までの2km 市内バスの終点は1km市内寄り
当時は そこから家までオール田んぼ 

今では 高速道路の沿線道に ユニクロだとか シマムラだとか コンビニだとか
どこにでもある町の 景色と変わらない


両親は今も健在だ 親父の母親の介護をしながらの 年金生活

そういえば 先日 GWの前半に 前回の恋愛座談会の幹事が
「ちょっと 聞いてよ うちの親 シャンプーとリンスの容器に
シャンプーと シャンプーを入れてたのよ ちょっとボケが心配だわ」

この幹事 自宅の冷蔵庫に 風呂上りの旦那様のために
ビールと下着を冷やしている人

どこまでが ボケで どこまでが マジなのか よくわからない

「それって 親が ボケて わざと いれてたんじゃないの?」
とツッコンではみたものの

「いや ボケるなら ボディシャンプーと シャンプーでしょ」
と よくわからない解説をいただいた


ちなみに オレの親も
 「えひめ南予 いやし博にいってみようか」
と 出かける準備をしていた玄関で

母親が オレの靴を履こうとしていた
すかさず 親父が 
「それは 息子の靴だろ」
と 突っ込んでいた


ちょっとだけ 青ざめた


それはサテオキ
田舎では時間の流れるのが なんだか すごくゆっくりだ

久しぶりに 睡眠を膨大にとった
久しぶりに 栄養も十分に取った

普段 粗食 というか どうでもいい食事しかしていないオレ
家族の食事の団欒というものは いいものだ

普段 買い物など まったくしないオレ 必要なものはネットで買う
5月2日の仕事帰りにスーツのまま バスに乗ったので 着替えを持って帰っていない

親父の服を借りた
ロゴに GAPと書いてある 

「親父 GAPって 知ってるのか?」
「ん? GDPじゃないのか?」

実に 親子である 実に 安心した


そういえば GW明けから クールビズが始まる
  • かばん
  • くつ
  • 半袖のワイシャツ

を ユニクロで買った


えひめ南予 いやし博では 小学校の時の担任の恩師に会って10分ほど立ち話をした
綺麗なおばあちゃんになっていた


今日は これから 実家より南に50キロほどある 当家の墓参り予定
すでに 人口よりも猪や鹿、猿のほうが多い村

町村合併で 村で唯一の中学校も 統廃合された
高校は 元々ない 

そういえば 親父と先祖の話をした

親父は教師 親父の親父も教師 さらにその親父は漁師 
さらに その先は海賊だった というのが 我が家の系譜らしい

ちなみにオレはロクデナ師である


ayashibito011.gif










関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

ロクナデ師

テンポの良い、韻を踏んだような文章、
面白いです、あっちこっちで吹きました(ぷぷ)

若い頃を振り返りたくなる年頃なんでしょうかねぇ~
「田舎」という言葉が相応しい自分の「故郷」を持っているのって、
この歳になって思えば、幸せなことだなぁと思います。

それにしても、ロクデナ師をロクナデ師と読み、
頭で自動変換された漢字は、「六撫師」(意味不明)

くしゃみは、「1褒められて、2く(憎)まれて、3惚れられて 4風邪引く」
といいますが、撫でられる場合は
「1褒められて、2愛されて、3念じられて、4マッサージ、5は痴漢・・・」

六撫師は、相当なツワモノですな・・・・(笑)

六撫師

最近 韻を踏むのが ちょっとしたマイブーム
あっちこっちで吹いてるようなら 
食事中や ナニカをクワエナガラの閲覧は危ない! 

田舎に4日もいると 5月病にかかってしまいますよ
現役を引退して 隠居したがっているようです 自分

さて 六撫師について これ 調べてみた 
結論 → なかった(笑)

褒められ 愛され の部分は理解できるんだけど 痴漢ってのは
ツワモノの範疇なんだろうか と ふと思った

ちなみに 痴漢って オトコにしかつかわないんだよね
どうでもいいんだけど 納得できんわ(笑)

さらに ロクデナシって
「性格が曲がった人 ってのが 転じて」の言葉らしい 
自分で書いておきながら ちょっとちがうわ~ と思うオレ

へそまがりと書くべきだったと 思ったりもする

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

とあるオトコの日常

オトコの視点移動

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。