スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアル恋愛座談会 第4話(その四)

▽Category : Office.
前置きと講釈

人妻=既婚者が 格別に大好きなわけではない

この年になると 必然的に
(1) 既婚
(2) 元既婚者=現独身
(3) 独身
の割合のうち 人妻率が高まる

当然 身の回りでもそういう現象おこる 自分だけが特別なわけではなく
世間一般の同世代のオトコにとっても同様だ

過去に言及した通り 恋愛におけるオトコの定義を
  • 時間
  • 精神的なナニカ
をかけること=捧げることとするなら
  • A.同様の見返りを望むなら 独身
  • B.異種のほにゃららを望むなら どの種属でもよい 
ということになる

基本的に ワレワレ世代になると 
同様の見返りを求めるような恋愛を望まず 補完的な役割を担うような組み合わせになることが多い

たとえば 
  • 金がある けど 時間がない
  • 時間がある けど 金はない
  • 金はある けど 精神的な何かがない
  • 精神的な何かはある けど 時間がない
  • 時間はあるのに 精神的にはなにもない
  • 金も時間もあるけど 精神的にはなにもない

こういう組み合わせだと 恋愛は始まらない

そもそも 
精神的なナニカがあって 時間も金もあるという万全な態勢であれば恋愛が普通に始まる

けれど
この世代に 時間がたっぷりある というのは特殊だと思う


ayashibito047.gif 金のあるなしはサテオキ

  • 金のあるものは ないものとの組み合わせでもOK
  • 金のないものは あるものとの組み合わせでもOK


  • 時間のあるものは ないものの空き時間を狙えばOK
  • 時間のないものは あるものに待たせておければOK

みたいな 組み合わせだと 恋愛は始まる  
これ 不倫の話ではなく 一般的な恋愛の話 あくまでも である

若い頃は 恋愛に見返りを求めがちで
若さゆえだとか 情熱ゆえだとか そういった漠然とした感覚の中で
金はなくとも 時間はたっぷりとある 
  • Ⅰ.中高生がその代表格
  • Ⅱ.大学生になれば 金を稼ぐこともできるけど 相対的に時間が減る=(バイトに費やした時間の消費)
  • Ⅲ.社会人になれば Ⅱに加えてお付き合いをする世界が広がる=さらに恋愛以外の時間が消費される
  • Ⅳ.結婚後は Ⅲに加えて家庭のために消費する時間が膨大になるだろう
おそらくは 一般的なシナリオだ

ところで

若い頃(=個人差はある)

女子Aとつきあっている男子Cが 友人Dに向かって


男子C 「オレ B子とやっちゃったんだよな」
友人D 「それ やばくね? A子にばれたらどうするんだよ」
男子C 「う~ん どうしようかな やばいかな?」


どうするもこうするも やばいもやばくないも 十中八九 終わるだろう 
悩む間もない 終わってから悩めばいい だいたいバレたら一瞬で終わる
というか 自分がバラシテしまっているのだ と云うことに気づかない



若い頃=互いに見返りを求める恋愛が主流の世代では こうなるケースが多い

他の女子とやっただとか なんとかを まるで武勇伝のように 大声で世間にアピールしたくなるのだ
聴衆も 恋愛のビギナーが多いために 目をきらきら輝かせながら聴いてくれるだろう


ayashibito028.gifちょっとした 英雄気取りである



そんな時代に 痛い目にあったとしても すぐに次の恋愛が始まるので
当人はあまり深手を負わずに次に進んでいく 相手にとってはたまったもんではないけど


ayashibito006.gifその身軽さが 若い世代の特権でもある 



次世代になると 互いに見返りを求める関係から 
ある意味において 種族保存の関係を含めて リスクのある慎重な選択期間が訪れる

そうなると 他の異性と やったやらないなどとは 普通は公言しなくなる
こっそりとやるか まったくやらないか のいづれかだ

ガンガンやるには リスクを負う 特に経済的に非自立系の場合
ゆえに 慎重な恋愛はある意味 生きがいに似た感覚の中で互いを思い遣る


さらに 次世代のその次の世代になると やるやらないなどは恋愛のメインではなく オプションみたいなものに変わる
次世代期間に精神的に疲労した部分の あくまでも補完的なものを求めることが恋愛の目的となる
肉体的な欲求はあくまでも一時的なもので 精神的な安定を無意識に求めるのだろう

特に不安定な世代にありがちな ストレス軽減のための動きがメインで
そのストレス軽減のための行動は生きがいではなく むしろ息抜きに近い


ayashibito007.gifセックス抜きを含めて 世間に対しての露出度は低い

ゆえに 世間にセックス込みの話題をさらす中年世代の気がしれない と思うことがある
やったやらないを 武勇伝のごとく語る既婚中年のフォームは ちょっと痛い

先日 とある教員(29歳男子)が同僚(28歳女子)と教室でセックスをして
それが妻にばれて 学校に投稿された という記事があった



妻にばらすオトコの心理も 学校に投稿する妻の気持ちも オレには理解できない 
でも オレにとっては全然痛くない 


ayashibito004無関係な人ゆえ  

ただ その時のコメントが
「気持ちが高まってしまった」
だった

そこは 理解できる気もしないではない 
一瞬 職場で・・・と思い描いたが 


ayashibito030.gif「ないわ」

経験がない ではなく
実践における意志として 願望として 



ayashibito014.gifNO派所属だ


すっかりと 前置きが長くなってしまった いつものことである





リアル恋愛座談会 第4話(その四)

2012-04-25 20:00

一次会の後半は 座席中央付近の4人(K君・F君・オレ・ケーコ)の会話しか覚えていない

秋元優里風味のショートヘアーの右手側女子

学生時代
「某缶コーヒーのCM出演をしたことがあるよ」
「え~ まじかよ」
と驚嘆の男子一同の声(主にオレ)

「You tubeにあるの?」
「ううん ない でも ビデオテープがある」

「オレんち ビデオデッキあるわ 上映会やろうぜ」
と オレが云った(・・・らしい by男子3Kによる車中での談話より)

CM出演の話は覚えているが
上映会の話は まったく覚えていない

スマートフォンで学生時代の(ソバージュ全盛時代)写真をみせてもらった
老眼のためか 酔っ払って焦点が定まらないのか 感動の涙でぼやけているのか



ayashibito008.gifまったく 見えなかった


「大根にワカメを乗せているだけよ」
 と云われても信じたかもしれない

それはサテオキ

右手に座るケーコの横顔(主に左側面)はメンクイ派のオレとしては

ayashibito016.gifど真ん中ストライクの顔だ

体型についてだとか 中の人(主に性格だとか価値観だとか)の話は 今回はサテオキ
そんなストライク系の話は普段から公言しているので それもサテオキ

この日がケーコの最終の出勤日 ゆえに送別会

「また 遊びましょうよ」
「いいわよ でも毎週ってのは どうなのよ」

毎週遊ぼう と云ったのだろうか 覚えていない

「食事や珈琲 映画に ドライブ・・・」
「飲食はOK」

「映画は?」
「う~ん それはNG」

「ほうほう」

「ドライブは?」
「ははは なんで ドライブ?」

確かになんで ドライブ? である
ドライブは今のオレの趣味ではない

映画の話は覚えているけど ドライブの話は 実は覚えていない

女性が決めたNGラインを 踏み越えた記憶はない
NGラインを決めずに デッドラインを踏み越えて おおごとになったことがあるからだ と思う



なにはともあれ 交渉において契約が成立した

双方の握手による合意

[契約内容] 
年3回以下の飲食 映画はNG ドライブはなし 肉抜き
(ホテル抜き いわゆる肉体関係のないデート)





2012-04-26 8:10

翌日 出張の往路 車中にて 男子3K
「オレさん あの契約って」
「うん?」
「とどのつまり 友人以下ってことじゃないんですか」
「・・・。」
  • 契約をしなければ 年0回 つまり ノーチャンスである
  • 契約を交わしたなら 年3回以下 つまり 友人以下である

と 頭で冷静に記憶をだどった 二日酔いの車中だ
たどれるわけがない

ちなみに 2次会は 男子Kは欠場していたので 
その後のことを 彼は知らない 
ちなみに 2次会に オレは参加 ケーコも参加




ayashibito042.gifだが オレの記憶は 極めてあやふやである 



2012-04―26 15:40

翌日 出張の帰路 車中にて 男子1F君と彼の後輩との3人

「なんだか 疲れたね」
「ですね~」

と 仕事疲れなのか 前日の疲労なのかわからないほど ぐったり
朝方の二日酔いは 昼前には解消していた

運転手は後輩 助手席には男子1F君 オレは後部座席
「昨日のオレさん めっさオモローだったんだよ」
と F君が後輩に話しかけている

客観的にオモローだったのかは 人の判断にゆだねるとして
たしかに 今 ぐったりとしているほど はしゃいだのだろう

「オレさんが 全力でくどいとったんやで」
「へ~ そうなんですか オレさん」


ayashibito017.gif「・・・。」



全力かどうかはサテオキ 口説いていたように見えても不思議ではない
が 相手の気持ちも確かめずに 口説いたことはないのだ
それは たとえ酔っていたとしてもありえないのだ

しかし 全力で交渉にあたっていたのは間違いない
  • 契約をしなければ 年0回 つまり ノーチャンスだった
  • 契約を交わしたなら 年3回以下 つまり 友人以下である

と 頭で冷静に記憶をだどった 二日酔いの醒めた車中だ

どう考えても 
  • 社交辞令ではないのだろうか
  • 偽装契約ではないのだろうか
  • 酒の場のじゃらじゃらトークであしらわれるレベルの交渉力

年3回 肉抜きとか 


ayashibito001 本気で口説いた契約内容ではないわ である



2012-04-27 8:30

この日は 職場での朝礼当番 いわゆる 3分間トークショーである
5月からの新体制と事業説明を簡単に行って 個人的な目標も宣言した
  • 現在ブログを復活したこと 
  • いずれ出版を目論んでいること

40人近くいるオフィスのフロアでは みな 目が点になっていた

リアルと ここ10年の世界の融合
身元バレ退場まで 黙々と 淡々と 熱く本音を語ろうと思う


ayashibito015.gif ヤッチマッタ感 満載







おしまい


2次会の話は またいつの日か

関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

読み応えもあって面白かったよ^^このシリーズ?

旦那様とか主人て言う人は浮気しないって
それ、興味深い!!ほんとその通りかもね~
 
はる兄ブログこれからも楽しみにしているよ(^_^)ノ

うは☆

出版とか、すごいねwww
falkishさんは、有言実行タイプかな?d(^-^)
いつかのその日を楽しみに、こっそり読者を続けていこうと思います。
いつの日か、アタシ、コレ知ってる~♪と、フフフンと。w

教師の記事、アタシもネットで読みました。
教師の不倫は、意外と多いらしい。
それをどうこう言うつもりはないけど、教室はマズイでしょ。さすがに。

全力投球の交渉のその後も、楽しみにお待ちしています。(* ̄m ̄) プ

2次会

>みこへ

このあと 2次会に行ったんだけど
K君もF君も1次会で帰ったので その後の展開がどうなったのか
記憶が断片的です

「しつこい!」 とか言われたような気もするし 夢だったような気もする(笑)

世間の奥さまの 配偶者の呼称は 当てはまるかもね
また 世間の元奥様の 元配偶者の呼称にも ヒントはあるんだよ

みこが 何と呼んでいるかはサテオキ

NOプラン

>果琳さんへ

オレが有言実行タイプなら 今頃 世界は平和になってますよ(遠い目

ただ 出版のハードルは下がってるような気がするね 
世間に羽ばたくブログも増えてきたしね

実際は こういう私的な作品はニーズがないと思われるので
別物が生まれるといいね 

教室がマズイのか 先生だったからマズイのか
刺激的なことを求める気持ちはわかるよ

交渉のその後は そのうちご本人が登場するかもね
「ふざけんな」とか系で ぷぷ

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

オトコの視点移動

リアル恋愛座談会 第4話(その参)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。