スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オトコ同士の恋バナ

▽Category : エッセイ
ここ半年ほどで 10回程度になるだろうか 
とある知り合いで 30代前半男性の 恋バナを聞いている
相談というより 一方的な報告といったところか

オレと彼の関係はサテオキ

オトコがオトコに恋愛の相談をすることは あまりない
学生時代の親友にでさえ つきあっている//別れた の結果報告みたいなものは
確かにあったように思うけど コンパクトに事実だけを伝えた といった 記憶しかない

その彼の話によると

1月に「とある女性」と出会った
2月に告白をした
3月に返事をもらって付き合いだしました
今週末のデートが4回目か5回目

になるという  
ayashibito053.gif春だね~

ということは 出会ってからまもなく2ヶ月あたり 
オトコ的には 上昇気分の頃合か と勝手に自分の記憶と重ねて話を聞いた

「実はもうすぐつきあって2ヶ月になります!」
「よかったなあ 彼女ができて」
と 本心で喜んだ
ayashibito035.gif まじで よかったな うらやましいぞ コノヤロウ


実は彼 

半年前に一目ぼれした女性にどっぷり惚れ込んでしまって
あまりにも好きになりすぎて 職場で倒れてしまった



という話を本人から聞いていた

オトコは 恋愛が始まれば食欲も旺盛になるけど
恋愛が成就するまでに 食事がのどを通らない時期がある

失恋したときよりもだ

告白をしたいけれど 告白するチャンスさえ与えられなかった恋
「もう少しがんばってみます」
といっていた彼に

「ほかにもたくさん女性はいるんだから 色々みてみろよ」
みたいな 話をしても

ayashibito066.gif 「いえ もう彼女以外は目に留まりません」

と 頑なにがんばっていた

で 思いつめすぎて倒れてしまった
という電話をもらったのが 確か クリスマス前くらいの時期



ayashibito044.gif おいおい 100%の実力をだすためには 健康じゃなきゃ 基本だぜ?
               病床で実力出せずに 告白してどうするよ 後悔するぞ ソレ と全力で止めた

「病気を治してから 考えろ 病床で考えてもロクなデートプランなんて浮かばないぜ?」
みたいな話をしてから しばらく連絡が途絶えていた

年が明けて1月
「他に気になるヒトができて 前向きにがんばっている」
という話を人づてに聞いた

「ふ~ん でも 良かったじゃないか あのままだとまた倒れちゃうぜ」
「ですよね 女性としても怖いですよ ストーカーみたいで」
「いやいや 純粋なだけだよ」

オレから見れば のような感覚
女性から見れば 女性を知らないちょっと怖い男性に見えるらしい


そんな彼から久しぶりの電話

ayashibito050.gif 「元気かい?」


「はい」
「よかったなあ 彼女と順調か?」
「はい もうすぐ2ヶ月になりましたので そろそろ結婚を意識してます」



ayashibito009.gif 「は?」


「結婚するのか? えらい早い決断だな」
「いえ そうではなくて…」

「プロポーズの台詞の相談じゃないのか?」
「いえ そうでもなくて…」

要約すると 
  • 現在の恋愛は順調
  • 彼女のほうがむしろ積極的にラブな感じ
  • 前の気になっていた女性のことが 目の前の「結婚」を意識し始めた瞬間に思い出した
  • 今の彼女に不満はないが そういう自分の気持ちが不安になる
  • 今の彼女と別れて 以前気になっていた女性に告白したい
  • でも うまくいく可能性は全くない という自覚はある
こんな感じ


状況は理解できるんだけど
「目の前の彼女とのトラブルなら 相談にも乗れるけど
心の中の想像上の女性への対処なんて 自分で消化しないと どうしてやることもできないぜ?」


ayashibito019.gif 「…はい でも ええ そうですよね」



葛藤しているようだ

だが 本当にそういった初恋だとか 過去の女性への想いとか
成就しなかった恋愛については 他人はどうすることもできないんだ

オレ自身もそう 

自分がある程度 恋愛を経験すれば

リアルな恋愛と 過去の恋愛や成就しなかった想いみたいな
内面にある肉体無き相手への情熱は 自分で切り分けるなり 他の恋愛外ボックスへ整理しないと
オトコは 前にすすめないと考えてしまうイキモノ

目の前の彼女なり 次の彼女候補なり 
実在の人物と 虚構の情熱を比較すること自体をしてはいけない自分専用のルール作り

リアルと雑誌の中のアイドルとが別物であるという認識は 脳みそで思考するなり 痛む胸で感じるにせよ
整理の手伝いはできても 成就の手伝いはできない 



自分のことでさえそうなのに まして他人のことをどうにかできるなどと思ってはいない

「週末 デートなんだろ?」
「はい」
「全力で 目の前の彼女のことを考えてやれよ」
「…そうします」

とはいったものの 心配だったので

ayashibito023.gif「間違っても そんな話やそぶりを彼女にみせるなよ まして理解なんて求めるなよ?」


「ええ」

「というか 今一番楽しい時期じゃないか」
「ええ」

「しっかり 彼女のために明後日のデートプランを考えろよ 段取りが肝心だ」
「はい また報告します」

「いや(まて 報告は要らないから) 盛り上げてやれよ」
「わかりました」

と まあ 送り出したはいいものの 大丈夫かいなコレ
である

正直 ヒトの世話を焼いている場合じゃないんだけど
なんか 自分に言い聞かせているみたいで 痛いわコレ
である


ayashibito026.gif ある意味 オトコって面倒だな(オレ含む)
関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

わぁ

私もこの人と同じようなこと、、思ったことあるなぁ って懐かしく思い出したよ^^


今が幸せでも、心残りな恋愛があると
どこか引っかかって
白黒はっきりじゃないけど、こたえどうこうでもなく
気持ちをちゃんと伝えたいんだよね
自分の中でちゃんと終わりにしたいというか

 
あ ピクニックいいね^^
野菜たっぷりのサンドイッチ作るよ~ 

誰もが一度は

みこクラスでもあるのか  オレもあるけどな(笑)

境界線の曖昧な始まりや終わりを 自分じゃなくて 相手に決められたり
なんとなく 終わってしまったものだとか 
自分がケリをつけられなかった 恋愛には こんなこともあるんだろうね

まして 始まる以前のことなんて どうしようもないんだけどね

あ 野菜は適当で 肉入れてくれ(笑
問題は 場所だな 海のこちら側か 海のそちら側か

はる兄でもあるんだ~
誰にでもあるんだね~!

あ 肉は却下でしょ ダメ!

ベジタリアン

いきなり 肉ダメだしすんなよ かわりに みこの肉を噛むぞ(笑)

幕引きを知らない時代ってのは あやふやな終わり方がおおいからねえ
オレなんて いつも 予告のない 突然死だわ(爆)

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

恋愛分析

恋愛稼業の行方 第2話

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。