スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オトコの恋愛理論.3

▽Category : 恋愛理論

食べ物の好き嫌いで見る恋愛観

『なんか楽しいことないの?』系の女性には 退屈が伝染しそうで近寄れないけど
「ナニ考えてるかわかんない」系の女性に オトコはミステリアスを感じてしまう

「今日 何を食べに行こうか」
『うん なんでもいいよ』

「焼肉にしよう」
『私 肉はちょっと』 

「寿司にしよう」
『私 魚はちょっと』

・・・・・・ナンテ ミステリアス(激違
  
性格の問題ではなく・・・ コレって 謎
ミステリアス イコール恋愛ということでも ないらしい 

ayashibito048.gif 食い物の好き嫌いのある人は 恋愛ではちょっとひく




過去の彼氏・彼女が忘れられないタイプ


こういった異性を相手にすると 

「アナタのこと 素敵だと思うけど 昔の〜〜が」 
という台詞を 聞かされるのは 大体 オトコ側 

その相手にとって 自分が前の彼氏彼女を超えられるだけのいいオトコ いいオンナだったりすれば
まず出逢わない台詞だし 通り過ぎてしまうセリフなんだけど

タイプじゃない人からの アタックは 迷惑
タイプの人からの アタックは 運命 

そんな かなりあいまいなものだから恋愛って

過去との決別に 天秤にかけられるオトコは 
どうして 振り向いてくれないんだろう と悩む必要もない

そもそも あれはアレ これはコレ
恋愛というカテゴリーにあっても 別物だから比べることじゃない

ayashibito039.gif 映画でも観ているみたいに 適当に「ふ~ん」でOK 過去に嫉妬しても勝てないよ? 美化されすぎてるからね


恋愛遍歴

恋愛は 多ければいいってものでもなくて 少ないから卑屈になる必要もない

オトコが 処女がいい というのは ただの偏見 
オレは駄目 ソレハドウデモイイダロ 

オトコが 処女を自分の色に染めたい という願望は きっと 
その裏側にある 女性を征服できないオトコのコンプレックス

実際は 恋愛遍歴の多い女性に憧れながらも 自分と対比して劣等感を 
オトコは自分のプライドを天秤にかけて恋に挑むもの

恋愛が一寸だけの殿方は 処女=スレテナイ と勝手に思い込むだろうし
恋愛遍歴たくさん=モテルオンナ が実際はただの ワガママオンナだったり

結局は 恋愛に対する 感覚は オトコもオンナも近かれば 近いほうが いい

だけど 恋愛からしか感じることのできない人間性は 経験からでしか 得られないことも多く
自爆と他人殺傷を繰り返しながら くだらない恋愛の へなちょこさが 修復されると なお いい 

何度 恋をしても 同じパターンを繰り返す人は 自分を修理しなきゃいけない
何度 恋をしても 違うパターンで終焉を迎える人は 自分に合ったレベルの異性を探さなきゃね

ayashibito047.gif 自己採点から始めよう

信頼関係

恋愛には信頼が欠かせないけど ソレがすべてではない

相手を信頼するためにという大義名分の元 根掘り葉掘り調査したり系とか
なんでもかんでも 知ってなきゃいけない系とか
相手の実力以上にモテテルと勘違いして嫉妬したり系とか

そういう行動は 相手の信頼と疑惑を生み出しながら 自分の信頼を貶めていたりもする
コンプレックスを抱いているひとは 常に不安に駆られながら 何かで穴埋めをするために無意識に行動して
そんな無意識が罪を作り出し続けていることに気づかない

逆に 誰かを卑下し続けている人は 自信に満ち溢れていると勘違いしながら 
理解してくれない誰かを 自分は自分だと広がる世界を矮小化させてしまう
まずは等身大の自分を見つけられない人は 恋愛においてさえ 相手の等身大を見誤ったりもする

オトコもオンナも 隠されているいい部分 なんてのはたくさんあったりするんだけどね
さがしてあげようぜ
アラさがしじゃなくて いいところをね 

ayashibito004 みつからないときは「すご~い」とでもいっておこう



隠されているイイ部分

誰もが 自分が誰かよりも秀でている いい部分 というのを モッテイテ 
いわゆる 自分の『ウリ

それを チラリと感じてくれた誰かを 恋に叩き落し
それを チラリを感じてしまった誰かに 恋をして

そういう 各種さまざまな ウリ≒フェロモンによって どんな恋愛も 始まっているんだ 

ところが 
そんな ウリも 恋愛を続けていく中で 成長し続けるものと 
いつの間にか 消えちゃったよ系とに くっきりと分かれてしまって

例えば
女性が男性に対して
ayashibito009.gif 『出会ったころの 貴方は こうだったのに』

という台詞を 使う場合 アリマスヨネ これは百害あって一利なし 一気に冷めます

こういうときの状況は 
男性が 偽のウリを駆使したか
女性が 偽のウリに騙されたかは サテオキ

女性にとって 恋愛に必要なオトコのウリ≒恋に落ちた理由
を その当事者のカレがなくしてしまった場合

もしくは そんな ウリを強烈に放出する他の殿方に出会った場合に
恋愛は 新しい局面を迎えてしまうものなのかもしれない

もちろん 男女逆でも 同様

ゆえに
男女とも 自分の無意識に発している ウリ と 自分が無意識に望んでいる ウリ との 一致が
恋愛の スタートにおいても 継続においても 大切なことなのかもね

ayashibito055.gif アナタノ ウリ ナンデスカ?




つづく 

Memo 2003-9 

関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

オトコの恋愛理論.4

感情の数値化 恋愛編・非恋愛編

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。