スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋愛とキスと

▽Category : 恋愛理論
キスという言葉で思い描けるイメージがどんなモノなのか、は人それぞれだけど。

子供の頃に、いわゆる未体験側のポジションにいると、
恋愛におけるキスの位置付けは、とても重要なものであり、重大な事柄だった。

恋愛を重ねるにつれ、それが重要なものであること自体は変わらないけど、重大な事柄かどうかは激しく謎だ。

(1)何度目のデートキスをするか。
(2)どのタイミングでキスをするか。
(3)何秒位するのが世界基準なのか。


などということを、それこそ重大問題として真剣に考えたことはなくても
友人たちとの会話の中に確かに存在していた時期もあるだろう。

(4)どんな味がするのだろうか。
(5)鼻はぶつからないのか。
(6)メガネは外すのか?。


などなど、考え込むよりまずはヤッテミロ系の事柄でさえ、けっこう
「あぁでもない。こぉでもない。」と考えたこともある。

さらに、

(7)目は固く閉じるのか、やや薄く閉じるのか。
(8)息は止めるのか。吸うのか。吐くのか。はたまた吹くのか。
(9)その瞬間、手の動きはどうするんだ?


とか、全身の各パーツの動きを考えたこともあった気がする。

さて、ふと考えると、身の回りにキスをしたことが無い友人が、いるのかどうか。
それを探し出すことは困難で、その疑惑を持つ友人さえいるとも思えない。

それほど、特別な儀式であったはずのそれが、いつの間にか、日常の意識から、
「特別じゃない意識。」に所属してしっていることは、誰もがあとから気づくはず。


(1)何度目のデートキスをするか。


A.最初のデートでキスをする恋人たち
B.数回目のデートでしようと決めているオトコ
C.「また、今回もできなかったよ。」と攻めあぐねているオトコ
D.キスしてもらうまで、絶対に自分からはしないオトコ
E.「オレ、キスはスキじゃないから。」とか云って結局しちゃったオトコ


どのオトコが一番いい恋愛をできる可能性があるかは、サテオキ。
どのオトコの立場にも立ったことのあるオレ。

・・・( ̄□ ̄;)!!ぇ?

それもサテオキ。

2005年1月頃のお話

ちょうど彼女から電話がかかってきた。
「A.最初のデートでキスをする恋人と、B.数回目のデートでキスをする恋人。
どちらが長持ちするか。」
と訊いてみた。


彼女の答えは B
確かに、初めてのデートでキスをするオトコは軽そうに見えて長続きしないとか。
数回目のデートでして貰ったほうが、大切にしてもらっている感じがするとか。

そんな風にも思えなくは無い。


実に、うぶな意見ではあるが、素人まるだしとも云える


素人っぽさを否定する必要はまったくないんだけど、
ちなみに、当時の彼女とオレの現実は、A所属。

・・・ということは、
恋愛が長く続く。」
という観点からは、彼女のB理論を全力で否定できなかった。

会話はすでに一般論からかけ離れて、私欲丸出しである。

  • 「ラブラブになってから、キスをするということは、初回でのキスは、ラブの証拠であるといえる。」
  • 「数回目のデートでのキスからラブラブになるというのもアリである。」
  • 「どうせ、ラブラブになるなら、初回からでも差し支えない。」
  • 「長く続くかどうかは、キスが、初回であるか、数回後であるかは、無関係。」
  • 「いつから盛り上がるかに、キスの時期は関係が深いが、別れの時期とは無関係。」


などなど、本末転倒丸出しの、質問と答えがまるっきりかけ離れ始めた会話。

  • (Q1)初めてのデートでキスをしたオレは軽そうに見えているのか。
  • (Q2)数回目のデートではなかったオレには大切にしてもらっている感じがしないのか。


さすがに、そこまでは逆切れしたとしても、切り出せなかったオレ。
しかしながら、軽そうに見えようが、大切にしていると錯覚しがちだろうが、
「長く続いたのは事実」である。


さて、本題に戻って、(1)何度目のデートでキスをするか。

現在、次の恋愛が始まる予定の無いオレ。
だけど、次の恋愛においても、やっぱり、1回目のデートでやっちゃうと思う。
だって、一番盛り上がって一番キスしたい瞬間にしないなんて、きっと後悔すると思う。

ただし、2012年現在、仕事柄こういう相談を受ける(爆)

3回目くらいが目安じゃね?」



ayashibito018.gifと言ってのけるオレ。


不本意であるが、1回目のデートに自分だけが盛り上がってしまうオトコには、お勧めしていない。
二人が一番盛り上がるタイミングが大事なんだ。
そういう意味では、オトコのほうが序盤は突っ走ることが多い。

ayashibito004まさに 大きなお世話である。



(2)どのタイミングでキスをするか。
何度目のデートでキスをするかを決めたなら、今度は、その日のどのタイミングでするのかが最大の鍵。

  • A.胸躍らせる出逢った瞬間か。
  • B.別れ際のあやしげなロマンチックシーンか
  • C.きょろきょろと挙動不審に周りを気にして、誰もいなくなった瞬間か。
  • D.テレビを観るとかいいながら、隣り合わせになった時か。
  • E.誰もいない教室か。


当時、彼女にきいた話によると、

「なぁ、最初のキスって、その日のどのタイミングでする?」
「そうねぇ・・・。」
と、考え始めた彼女。

「やっぱり、A.会った瞬間に、人目を気にしながら軽めのキスかな〜さわやかな感じの・・・」
「それとも、ほら、人目が無くなった時の・・・例えば、ホテルのエレベーターのドアが閉まった瞬間に・・・C.誰もいなくなった瞬間に、濃密なキッスかな〜ほら、もう我慢できないくらいの濃厚なキス。」


むさぼりあったり、まさぐりあったり、
爽やかとはいえない感じのキス!!


・・・初めてのキスが・・・・・・( ̄□ ̄;)!!ソレ??



ayashibito014.gif激しく疑問を感じた。

・・・が、そんな様子が目に浮かんだりもする。
いわゆる、舌を絡ませあうフレンチキスというやつである。


思うに、初めてのキスでフレンチキス??


激しく疑問だった。


が、彼女のその会話を制止できなかったオレ。
せめて、流れを変えようと、
「でも、別れ際のシーンてのもありじゃない?」



「なに云ってんのよ。絶対後悔するわよ。未練が残るじゃない。





ayashibito060.gifごもっともだ。




ちなみに、オレと彼女との最初のキスは、

「覚えてるか?」





「ううん。」




ayashibito051.gif 



(3)何秒位するのが世界基準なのか。

そもそも、24時間チュウするぞ。とか3秒ごとに息継ぎだとか、
そんな決意を抱いてから始めるものじゃないけど。

やはり、世界基準のいわゆる普通のキス。唇の滞在時間ってのは気になるもの。

早速、リサーチしてみようと思い立ち、探してみた。・・・( ̄□ ̄;)!! つかえそうなネタがねぇ

ayashibito056.gif5秒ぐらいですかね?と世界に問いかけてみたい。



(4)どんな味がするのだろうか

そもそも、キスに味があるのかどうかはサテオキ。
甘酸っぱい香りがするだとか、レモンの味がするだとか、
まったくをもってアヤシゲな情報しかありゃしないキス情報。


そういえば、以前彼女に取材したときには、

「ガムの味」

なんて事を聞いたけど、そりゃガムを噛んでりゃするよな。
と、想像してしまったオレは何者? ガムといえばベリー系か・・・

ayashibito048.gif 


(5)鼻はぶつからないのか

・・・冷静に考えてみると、ぶつかるほど高くは無いが、唇の高さよりも高いのは事実である。
が、首をかしげれば、大丈夫。

問題は、自分がかしげるのか、相手にかしげてもらうのか。
それを決める会話を切り出すほうが、難しい気がする。


(6)メガネは外すのか?

・・・外す時もある。
が、外すことは簡単でも、外したメガネをかけなおすタイミングを見つけるのは難しい。


(7)目は固く閉じるのか、やや薄く閉じるのか

初めてのデートでのファーストキス。
会ってから、何時間後だったかは、今回はサテオキ。

キスは唇に狙いを定めるわけじゃないけど、重ねる場所を外すわけにはいかない。
そういう意味では、重なるまでは相応のプレッシャーを感じたのだろうか。

当時の心境で覚えているのは、
「外しちゃいけない。」
ということではなく、

とりあえず、重なった瞬間に
「まぶたを閉じよう。」
と決めていたこと。

おそらくは、無意識に、『重なる瞬間の彼女の表情を見たい』。
という願望があったに違いない。

そして、それは予定通り決行された。


ayashibito035.gifてな感じである。

はたして、何秒くらい、彼女の唇に滞在していたのかといえば、
実際に重なっている時間よりも、感じた時間のほうが長かったように思う。

もちろん、目を閉じてる時に、頭の中で
「1秒・2秒・・・。」
と、数えたりはしていない。

そして、唇と唇が離れる瞬間に、再び瞳が出現する予定。
暗闇から、光をまぶた越しに侵入させるということは、トンネルから出た時のように、
かなり明るく感じて、一瞬風景が真っ白になるものだ。

予想通り、その瞬間は、真っ白だった。

そして、自然と顔と顔が離れていくスピードがスローモーションのように、
相手のぼやけた顔が、だんだんと両目の焦点が合っていくことでくっきりと見え、
それと同時に、彼女の閉じたまぶたが開き始めて、開いた瞬間に視線が重なり合い、表情が変化するに違いない。

ということを、これまた、頭の中でシュミレーションしていたはず。
そう、そんな表情の変化が見たいとオトコは思っているのだ。


そして、オレの焦点が彼女の顔全体を捕らえた瞬間。


すでに、開いたままの両目でオレを見つめている。


・・・( ̄□ ̄;)!!えぇ? しかも、無表情?


それはまるで、美しいマネキンに見つめられている感じ。
表情から、彼女の感情が読み取れない。

つまり、オレの頭の中が真っ白のなる瞬間だ。
さきほどの、視界が真っ白とは一味違う。


ここで一句。

ファーストコンタクトでは 二度真っ白になる。


ayashibito015.gifまるで、・・・( ̄□ ̄;)!!ぐ グリコだ。


(8)息は止めるのか。吸うのか。吐くのか。はたまた吹くのか

「正しいフォークとナイフの使い方。」
というレシピなら、この世に存在してそうだけど、

「キス時における呼吸方法。」
というレシピは存在するのだろうか。

当時©2005 Google - 8,058,044,651ウェブページから検索したようだ。
結果はゼロ。
予想通りか、意外だったかはサテオキ。
一週間もすれば、このページだけが検索に引っかかるはず。

ということは、その日からオレの理論が世界基準
・・・ありえねぇ


ちなみに2012 Google 1,680,000 件
世界はキスの研究が予想以上に進んでいた。あはは。

だが、当時はレシピが無い以上、経験と予測に基づいて理論を展開しなくちゃ。
と意気込んでいたかどうかは激しく怪しいけど。

当時、彼女にキスをする時の呼吸法を取材していた。
「ちゅう っていうくらいだから、きっと吐くのよ。」
「えぇ? ちゅうっていうのは吸うんじゃないのか?」
と ひと悶着。

 

彼女が吐く派でオレが吸う派だからスムーズに空気が流れていたのか。
と妙に納得しながらも、ナニカ心に引っかかるものが残っているのも事実。

A.ふたりが止めると どうなるのか。
B.ふたりが吐くと どうなるのか。
C.ふたりが吸うと どうなるのか。
D.ふたりが吹くと どうなるのか。



この実験で予想されるのは、

A理論〜呼吸法としてはばっちりだが、息が苦しくなって長いキスはできない。
しかも、風邪を引いてて鼻が詰まってる時は危険。


B理論〜ふたりが吐きながらキスというのは、想像出来ない。


C理論〜ふたりが吸う・・・というのは、なにやら激しいキスの図が想像される。
ちゅう というより ちゅう〜〜ちゅぽ という感じである。
そういえば、彼女は ちゅぽっ というキスが好きといっていた。
ということは、彼女は吐く派ではなく本当は吸う派?? 


D理論〜これはすでにキスというより、漫才である。

以上をまとめて考えると、人は相手にはもちろん、自分にも解からないように呼吸をしていることになる。
確かに冷静に考えると、キスをする・・・
ということは、平常心ではなく、極度の緊張状態かもしくは極度の興奮状態であることが、簡単に予想される。

ちなみに、緊張している場合、唇は固くなる。
興奮している場合は、息苦しさからか、唇は開いている。

長年の研究の結果、唇はそのような動きをするということがわかっている。
唇の動きをじっとみていればわかるのだが、いつもと同じ動きをしている場合は、緊張も興奮もしていない。

つまり キスのタイミングではないのだ。

ayashibito014.gif・・・( ̄□ ̄;)!!まじかよ

まあ、何はともあれ、初心者であれば、大きく深呼吸をして息をたくさん吸い込み、そして息を止めてキス。
というのが、一番危険は少ないと思う。

それほど、キスとは危険なのだ。
ただし、大きく深呼吸をしている事がバレるととても不自然だ。

オレはそんな不自然なオンナを知っている。


(9)その瞬間、手の動きはどうするんだ?

恋愛をしていて”kiss”を衝動的にするものなのか。はたまた、
「するぞ、するぞ。」
と、あからさまな意志によってするものなのかはサテオキ。

とにもかくにも、キスまでこぎつけた時に、オトコは”うっとり”している余裕は無い。


ayashibito029.gifああ 夢のようだよ


突然、キスをされて金縛りにあっているならまだしも、自分から仕掛けておいて、金縛りにあうわけでもなく、
「さて、ここからどう展開するんだ?。」
といった他力本願系の流れに任せることと

「さて、ここからどう展開しよう。」
と、体のどのパーツを動かそうかと、あれこれ頭の中はパニックで、
結構、キスのあとの行動を悩んでいたりもする。

キスをされたあとに、

A.胸を触られた。
B.押し倒された。
C.ブラのホックを外された。
D.髪を触られた。
E.気まずい雰囲気が流れた。



などなど、相性によってはその後の動きも異なるもんだけど、
とりあえず、オトコはキスをしながら、手をどう動かそうか。
と考えた結果、次の行動に移る。

当然、勝手に手が動きまわるわけじゃない。

ちなみに、彼女とのそのファーストコンタクトにおいては、
確か、彼女は赤いセーターとタイトなスカート。
といった組み合わせだった。

もしも、彼女がフロントにボタンがあるブラウスとかシャツとか系の服を着ていたなら、
正面からキスを挑まずに、背後から狙ったに違いない。
そうしたほうが、ボタンが外しやすいからだ。
いや、たとえボタンが前になくても、ズボンやスカートに上着を入れていない状態なら、
下から手を潜り込ませることも出来るだろう。



それはサテオキ。

やはり、初めてのキスというのは、なんとなく正面から挑むのが、オトコらしい気がした。

ヾ( ̄∀ ̄)ノ気のせぇだよ

ところが,キスが終わった瞬間。マネキン状態の彼女。
しかも、ノーアクションでバックステップ。
一瞬にしてふたりの距離が開いた。


「まずい!」


と云うことが最初に浮かんだ。

いわゆる、Eをチョイスしてしまった。



ayashibito012.gifこのままではこのままで終わってしまう。」

非常に興奮していたわりには、同時に非常に緊張していた。

さらに、そんなパニック状態にありながらも、
「ここで逃しちゃいけない。畳み掛けるんだオレ。」
と、見えない力に突き動かされたオレ。


すかさず,ふたりの距離が縮まる。

頭の中では、ABCD いや DCBA などと意味不明な暗号が流れる。

結局、選択したのはDBCAコース。

つまり、

髪を触り、押し倒し、ブラのホックをはずし、胸を触った。

そう、オトコはコースさえ決まれば、あとは手がスムーズに動くんだ。

ところで、イメージトレーニングを積みかさねると、
気づかれないようにホックを外すとか出来るようになるらしい。

ayashibito011.gif・・・( ̄□ ̄;)!!すげぇ

それもサテオキ。
手が動かないオトコは、悩んでいる最中といっても過言ではあるまい。


世間の皆様おてやわらかに。

ayashibito068.gif




Memo 631-637

続編は こちらから 
http://falkish.blog.fc2.com/blog-entry-1589.html
関連記事

Trackback

恋愛とキスと 第2弾

『恋愛とキスと』 という記事が最近妙に大ヒットしている。 トップページのアクセスよりも多い。 キスにまつわる動きが世界であったのだろうか。 あまり、このブログには、キス...

Comment

Post a comment

非公開コメント

キスの相性

キスにまだまだ幻想を抱いてます。(笑)
ある意味、カラダの相性よりポイント高め。。とか。

てか、仕事柄?
そんな相談、お仕事だなんて。。
天職ですか?(笑)


キスの味。ファーストキスは、鮮明に覚えてます(^^)d

Kiss検定

たぶん5級くらいだと思う(笑)
ほら あれって練習できないやん ぶっつけ本番みたいな
練習サークル作ったら 流行るかな ぷ

えっとね それ自体がオレの仕事じゃないんだよ(笑)
面倒なクレームや 対応に困った相談がオレのとこにくる
現場は女性スタッフでまわってます。
4月の異動でケッコン支援関連からは外れますよ(希望通り)

ファーストキスの味は覚えてないなあ
頭真っ白になったのは覚えてるけど 電気が走りました!

No title

男の人って大変だなぁ~と 改めて思った。
ホテルに誘うときも、どんなドキドキしてるんだろ?(ぷ)

以前、女旅行に行ったときに
こんな話になって

唇は、何センチ?あければいいのか? という
うぶな質問もM子さんにされましたが・・・(笑)。

Hotelにいこう

というような ストレートな表現はしたことがないよ
突然のお誘いだと 相手もとまどうだろうし

デート前に 今度はいくぞ宣言をだします。
誘いじゃなくて 宣言ね

まあ 直球だな(爆)

でも正直 20代の頃はモジモジしてたわ ぷぷ
そのかわり 触りたがり屋だった気がする。

ちなみにオトコ側からだと 閉じたクチよりも
指 半分くらい開いているクチがセクシーだと思う

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

危険な女と 危険とは云えない女

恋愛至上主義の謎

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。