スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オトコの恋愛理論.1

▽Category : 恋愛理論
オトコの恋愛の概念

時間の流れの中で多忙に体を包んでいると、社交辞令や綺麗事を極力簡素化しながら、
「大事なことを優先的に伝えていく」ことは、恋愛においても、恋愛とは無関係なところでも同じ。

「愚痴や罵倒なんて考える暇がない」のか、「見つけられないほど盲目なのか」のそのどちら側にも属さずに、
「微妙な誤差や漠然とした黒さを微調整」して、本来の自分を見失わないように恋愛に向き合っているんだ。




恋愛の始まり終わり

恋愛に関わっているときに、「自分じゃないみたいな感覚」に直面するのは、
その始まりと終わりの境界線も、座標もないけれど、何処かには存在している「区切り」の地点。



一般の恋愛の定義と時間的概念

Aタイプ 恋愛前--恋愛開始--恋愛中--恋愛終了--恋愛後

それは「恋にちゃぷんと漬かっているとき」よりも、むしろ「恋にどぼんと突き落とされたとき」や「自分の恋愛を取り上げられたみたいな別離ぎわのシーン」の、ジタバタしている自分に出会ったときの感覚が男性的。
女性が感じる『アタシじゃない』みたいな系の感覚とは、恋愛を実感するポイントが、実はズレテいたりもするんだ。



恋愛期間と自覚

オトコが恋愛をしている感覚には必ず「自覚」がある。

それは世間で言うところの「まともな恋愛」のみならず、世間が「眉間にしわを寄せるような恋愛」だとしても、
恋愛を「純愛・片想い・遠距離恋愛・不倫・結婚・同性愛・ロリコン・マザコン・シスコン・同棲・内縁・うんたらかんたら等々」
どんなジャンルやカテゴリーに分けたって、「ウキャ」から始まって「おしまい」と自覚するまでが、恋愛期間。

ところが、この恋愛期間っていうものが、実は曲者なんだ。 

オトコの恋愛の定義と時間的概念

Aタイプ外側 恋愛前--恋愛開始--恋愛中--恋愛終了--恋愛後
Aタイプ内側 ウキャ--ウキャ--ウキャ?--恋愛放棄--エンディング


恋愛期間中における恋愛放棄時間

『恋愛をしていますか?』という質問は、オトコにとって 『 恋愛感情がアリマスカ?』とほぼ同じで、
結婚しているオトコに同じ質問をしたなら、「100人中 Yesが100%でない」ということが起こる。 
オトコがズルイのか、恋愛の概念が歪んでいるのかはサテオキ。
いわゆる前述のズレている箇所のときの感覚。

その答をオトコは口に出す出さないは別問題として、必ず自覚を持っているもの。
つまり、恋愛期間のすべてを通じて恋愛をしているとはいえない。といえる。

ayashibito014.gifああコンガラガル。

同じく恋愛中の女性が、彼氏に対して、この質問をする時の心理状態はサテオキ、
オトコは「ウキャ」な本能に忠実に生きている。時間的な拘束も人間関係の複雑さもサテオキ。

浮気をするときなんて「ウキャ」な一瞬で、将来の修羅場と天秤にかけることさえデキナイ。 
つまり恋愛においては、勘違い系の「ウキャ」ってのも アルラシイ(謎)


ayashibito011.gifIs this Love? What is Love?


「恋愛って 何なんだ?」なんてことを教えられなくても、誰もが誰かとペアを組み、 
そのペアを解消するまでの期間における『ウキャ?』。

「ペアを解消してもなお続くもの」と、「ペアを組まなくても続くもの」とを恋愛と呼ぶかどうかはサテオキ、
その『ウキャ?』 ってのが、実は解読が難しかったりもする。

「恋愛」と「友情」を比べても、「ただの恋愛」と「いい恋愛」を比べても、結局は、誰もが自分の主観でしか、
『恋愛におけるウキャ?って、実はこうなんだよ』
と、説明できない相対的なもの。

誰が誰とペアを組んでも、絶対的に直面する部分ってのも、実は、結構多かったりする。ああコンガラガル。




恋愛と友情の相違点

異性を眼の前にして、「二人きりになりたい」と思う感情が、不純であれ、純粋であれ、恋愛感情の一部分だとして、
プラスの感情だけが突出している友人関係との付き合い方と違うのは、 
恋愛においては、プラスもマイナスも全部の感情がパッケージされている。

時間の流れで云えば、友達なら長く付き合えば付き合うほど、信頼は積み重ねられていくけど、
恋愛においては、信頼ということ自体はサテオキ、時間が長くなればなるほど、弱まっていく感情も多かったりもする。

そんな側面はきっと、『誰が誰と恋愛を始めても、さほど変わらない部分』だったりするけど、
重要なことは、誰と組むかで、恋愛の内容(=ウキャ期間)は全然違うんだ。




恋愛の距離感

距離感、だけでいえば、『街並みですれ違う他人との関係から、本音丸出しで付き合える関係までの間』に、
(1)全くの他人
(2)顔見知りの挨拶程度の知人
(3)仕事上や立場上の関わり・役割だけの関係
(4)プレイベートでも会話のある友人
(5)欲望に身を任せるだけの関係の異性
(6)自分と相手との間に精神的な壁のない関係
などなど、恋愛のスタートが何処から、何時から始まるかはサテオキ、

数多くの異性との距離を、オトコは持ちながら、時間の狭間(タイミング)で、必然や偶然のどちらか側のレールにのって、無条件に始まる。

ところが、実は目に見えない条件が隠されていたりする。
これが、人それぞれだから、厄介で、楽しかったりもする。




恋愛の始まる条件

・・・なんてものがあるとしたら

例えば
(1)性的な感情を抱ける
(2)理想に限りなく近い人、または、その人が理想と思える人
(3)損得を考えなくていい相手
(4)全部を見せたい、全部を知りたい相手
などなど、きっと、時間があれば限りなく並べられるような条件。

始まった後で、誰に対しても並べてしまうような条件なんて、別れた理由を考えるよりも曖昧で許されたりするもの。
それでいて、相手に望む前に、『自分が用意しなければ始められない条件』というのも、実は『資格試験のない資格』として、
存在していたりもするんだ。


つづく

Memo vol31-33
関連記事

Trackback

オトコの恋愛理論.2

恋愛を始める資格 恋愛をざっくりわけられるなら、 心理的・精神的な資格と物理的・対外的な資格にわけたい。 恋愛の基礎学.1恋愛自体が、不安定で不完全なものコース。  恋

Comment

Post a comment

非公開コメント

3回読んでみた

オトコの実感としての「恋愛」と
オンナの理屈としての「恋愛」と。

あぁ。。。。。3回読んでもこんがらがる。w


とにかくさ。
恋愛ってめんどくさい。
なのに、捨てきれない願望だったりするんだよね。w

始めるより終わるほうが面倒だと感じる
始めるなら まわりくどくない恋愛がいい
始める前のかけひきとか もうええわ

という 感じですか?

( ̄O ̄;)ぉ。

めっちゃ、簡潔になっている。。。w

ふむ。
確かに。

終わりは、面倒だねぇ。
ソレを考えると、始めることすら躊躇するくらい。

不具合続きで

引用枠引けなかったり フォントサイズがおかしくなったので
結局 一度元に戻しています。

恋愛の終わりは面倒なので
いっそ 期間限定はどうでしょう(更新可)
ってのが オレの持論

契約w

まるで、アタシの就労状況。。。<期間限定・更新可

メリットもあるし、デメリットもある。
でも、好んでソレを選択しているって面もある。


期間限定の恋愛。
それも、また、いいのかもね。
お試し期間っていうかさ。
何事も、始めてみなきゃ、わかんないってのもあると思う。

契約だから、おしまいね。ってのも
納得するしか、道はないモン。(苦笑

期限がヤルキをうながす

続けたかったら その恋愛に手抜きしないだろうし
耐える時間も 「あと数日だ」みたいな感じになるだろうし

けっこう いいと思うんだよね

そういう意味では就労とも似ているな 

そうねぇ

そう言われると、なんか想像できた。。
無意味に傷付けあわずに、オワリを迎えられる気がしてきた。w

終わりが前提

ってわけじゃないよ(笑
続けることのモチベーションUPを前提で 建前はな 

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

恋愛至上主義の謎

office15.リアルとウェブの狭間

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。