スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VoL.112 着眼点と焦点

▽Category : エッセイ

初めてのデートの時に
相手の何処を見るかなんて

前日までは 
きっと
こんな風だったらいいニャ
とか
どんな風に過ごそうか
とか
いろんな情景や
いろんな風景を心に描いていて

約束の日に会って
そんな想像と目の前のその人とが
ぴったり一致…
ということよりも

ほんの少しの 違和感を覚えるもの

例えば 趣味じゃない服とか
それでいて 
そんな格好が 趣味に変わってしまったとか(笑)

好みの化粧じゃないとか
でもでも とても好みの表情だったり

想像と現実の違和感が
瞬時にその焦点を重ねていく感覚と
違和感を抱いたまま
それが その印象として
現実の映像に切り替わるものと

外見でさえそうなんだから
きっと
内面の部分なんて
目に見えないんだから
ギャップだらけになるのも無理はない

しかも 日に日に 時間ごとに
くるくる変わる内面の中の一部分と
どんなことがあっても変わらない
内面の大多数を占める部分とがあって

そんな性格的な部分て
あれ?
って 感じたとしても
初めてのデートの時なんて
現実の中でさえ
夢うつつで(笑)
(いわゆる 宙に浮いたような感覚で)

緊張したりして
自分らしさを自分が出し切れないように
相手もまた出し切れていないのかもしれないし

だから 時間が解消していく 「あれ?」って云う感覚も
溶け合っていくものと
しこりとして タイムラグのあるものがあって

だから 
普段 電話でずっと話してる時なんて
そのほとんどが内面の情報交換で
目の前にすれば 見えなくてもいいや
って 思えるように

すべての 準備していた事柄のうち
手渡したい想いを伝える言葉もまた
ころころと 変わっていくもの

ハリボテの自分より
より自分らしさを伝えたいなら
きっと 言葉より
ぎゅ〜〜
って 感じのほうが
伝えられる気がして

でも
でも
初めてのデートで
いきなり
ぎゅ〜〜♪

ってのは面食らうだろうから

前日に
「やるぞ♪」

伝えておくのが
よろしいかと…(爆)

恋に恋してる時なんて
目に見えるものより
心に映し出されたものに
包まっているから

現実と虚構のプログラム修正は きっと
デート以降に その進むべき方向を
微調整していきながら
また 新しい世界が 始まるものだと 
そう 思う

でも
でも
まずは
目をじっと見てみたい

と 思うんだろうニャ

でも
会えば 会ったで
「うっ 眩しくて見つめられないや」
みたいな そんなギャップ

はるき♪にも きっと
あるさ
まだニャ ←遠い目で


ぺこり
関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

VoL.113 ゼロ

VoL.111 侵入者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。